2018年6月29日金曜日

ワールドカップ 日本対ポーランド戦に思う

昨日は、夜遅い時間になってから、サッカーワールドカップの、日本ポーランド戦を見ながら、ブログを書こうと思っていました。

試合が始まると、日頃サッカーを見ない私でも、強いはずのポーランドはどんなプレーをするのかな?、新しくスターティングメンバーに入った日本選手はどうかな? などとつい見入ってしまったので、ブログは後回しにしてしまいました。

ここに書くことは素人の感想で、専門知識は基本的にありません(;´・ω・)

残念ながら後半に、ポーランドに1点を取られた後、コロンビアセネガル戦でコロンビアがリードしたのが分かってから、日本は最後の10分間パス回しばかりで、観客からブーイングの出る時間稼ぎの試合になってしまいました。

ポーランド側も、1点取ったので動かず、ボールを取りに来ません。
お互いの思惑もあり、無気力な試合と批判されるのもわかります。

サッカーでも、欧州ではこういった試合はわりとあるようですが、ペナルティを食らったということは聞きません。
ただここで積極的に攻めても、1点取られる可能性もあり、

テレビで観戦している人はともかく、高いチケットを買って、はるばる日本から応援に行ったサポーターは、いくら作戦とはいえブーイングも出るでしょうし、後味も悪かっただろうと推察いたします、はい。

総じてこのプレーを批判するのは海外メディアで、日本のメディアやコメンテーターは、監督の采配を擁護するか、もしくはやむを得ない、とする論調ですね。

「フェアプレー」差2ポイントで、何とかセネガルに勝って、決勝トーナメントに進むのが決まりました。

複雑な気持になる人も多かろうと思いますが、決勝トーナメントで1つでも勝って上に行くのが目的なので、予選で敗退したら何もかも水の泡
、はっきり言って決勝トーナメントに出れなければ、もっとバッシングを受けると思います。

私は、日本チームはこのグループではランクが最も低く、3敗でもおかしくなかったのですが、ここまで善戦して何とか決勝リーグに這い上がろうとする、監督の執念を見る気がします。

いくら「美しい」試合をしても、決勝トーナメントに行けなかったら意味ないというのが、日本人の大方の意見かと思います。

7月2日(日本時間では3日午前3時)はベストをかけて決勝トーナメントでランキング3位のベルギーと対戦ですが、こうなったらもう思い切り当たって、もやもやを吹き飛ばしてくれるものと期待しますね(;´・ω・)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

日記(年代別)ランキング