2018年6月24日日曜日

クルマの呼び方も興味深くて面白いなあ~

ワールドカップは、日本の1次リーグ1勝で盛り上がっていますが、F組も混戦でなかなか面白いです。

ドイツが1敗の後2戦目でスウェーデンを2-1で下し1勝1敗。
ドイツとスウェーデンは勝ち点3、メキシコが勝ち点6で優勢。韓国は2敗だけどまだ望みあり(;゚Д゚)

全く話は変わって、そのドイツのクルマと言えばBMWですね?
クルマ好きでも、末端の労働者(だった者)にはなかなか手が出ないクルマです。
価格もそうですが、収入のわりに「クルマだけ恰好つけてもなあ~」と言うことで・・・。

私の若いころは、読み方をドイツ語読みで「ベー・エム・ヴェー」と言ったり、縮めて「ベンベー」と言った方がインテリっぽくてカッコいい思ったりしたものです。

また話がそれますが、MINIというクルマも現在はBMWの傘下ですが、昔はミニクーパーと言っていましたが、いまはMINIだけで、クーパーをつけ無い方が多いですね。

わたしのカミさんは、いまだにミニクーパーと呼んでいて、この車が好きだそうです。
定年リタイアしたときに、ノートを買うかMINIを買うかで迷ったことを思い出します。

またアメ車で、フォードのマスタング(Mustang)がありますが、昔はアルファベット日本読みで、スタングと言っていました。

話を戻して、時代は過ぎて現在は「ビー・エム・ダブリュ」と英語読みの方が垢抜けして、ドイツ読みの方がダサい? という感じのように思います。

興味があって調べてみたら、1981年に日本法人「BMW JAPAN」が設立された時、正式名称を英語読みの、「ビー・エム・ダブリュ」したそうです。
それ以前はドイツ語読みだそうです。

なので、それ以前にBMWのドイツ語読みに馴染んでいた私は、つい「ベー・エム・ヴェー」が口に出てしまいます。
これで言えることは、やはり英語圏の力が強いのだな、ということですね?

EUの雄ドイツのドイツ語も、英語にはかなわなかったのかな?
そういえば、「ドイツ」も英語圏ではというより、世界で「germany」
(ジャーマニー)といわれていますから。

ただ日本では律儀に?「ドイツ」と呼んでいるので、いろんな歴史があっても、やはりドイツ人をリスペクトしているのかもしれませんな。

日本も世界ではJapan・ジャパンと言われるのが普通ですが、オリンピックなどでは「日本」もしくは「Nippon」か「ニッポン」と表記され、呼んでもらう方がうれしいのは私だけではないと思います。

尚BMWの名称は、「Bayerische Motoren Werke AG」(バイエルン発動機製造(株))といいます。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: