2018年4月7日土曜日

土俵に女性を上げない相撲協会

相撲協会では日馬富士・貴の岩、貴乃花の問題がもう終わったのかな? 
と思っていたら、春巡業先では賛否両論の、賑やかなニュースが飛び込んできていますね。

4月4日、京都府舞鶴市の春巡業で、土俵の上で市長が挨拶をしていたとき、突然仰向けに倒れた際、複数の人が土俵の上に上がり救命処置を行ったのですが、その中に何名かの女性が居ました。

相撲協会の場内放送で「女性の方は土俵から降りて下さい」と何回かアナウンスした。
口頭でもしたそうです。

動画を見ると、その女性はかなり馴れた感じで心臓マッサージを行っているように見え、横の男性になにか支持を飛ばしているように見えました。
女医さんか、看護師さんかも知れません。

この市長はくも膜下出血で、手術して命に別状なかったとのことですが、救急車が来るまでの心臓マッサージなどが命を救ったのかも、と思いますね?

相撲協会の八角理事長が、この場外放送を謝罪したのですが、人命が大事か、伝統が大事かという議論が巻き起こってしまい、相撲協会には分が悪くなっていますが、何かスッキリしません。

大相撲の伝統を、それが「女人禁制」の伝統だとしても、相撲協会が守るのは悪いことではありません。
ただ、日本相撲協会は「公益法人」になっているので、その点は議論の余地が少しはあるかと思いますが。

たとえ人命救助の医者でも、女性を土俵に乗せないというのであれば、万一の時を考えて、土俵のそばに男性の医者を待機させておけば良かったと思うのですが、医者はいなかったのですかね?

あと1つ、相撲関係者以外が、男でも女でも土俵に靴のまま上がるのは、どうも違和感があります。
気になる人はいないんだろうか?
じゃどうしたらいいんだろうか、考えはまとまりませんが(;´・ω・)

また責任者の巡業部長が、市長の挨拶の時トイレに行っていて、不在というのも、ホントかな?と思うも何とコメントして良いものやら。

その後の6日の兵庫県宝塚では、女性の宝塚市長が、舞鶴の件に便乗したのか、土俵の上から挨拶したいと申し入れたが、「相撲の伝統に配慮してほしい」と断られ土俵の外で挨拶をして、「土俵に上がれず悔しい」と相撲協会批判を交えた挨拶をした記事が出ていました。

こちらの女性市長の挨拶の件は、緊急時・人命救助の場合と全く違います。
「差別」「差別」と言えば支持を得られると思っているのか、何か勘違いをしているように思え、残念ですね。

相撲協会の土俵上の「女人禁制」は文化・伝統で相撲協会が守りたいとしているものは尊重しなければならないと思うんだけど。
嫌がっている者に、無理やり上がらせろと言うのもどうだか。

女子のいない野球やラグビーというスポーツに限らず、男女「区別」のスポーツはほとんどですね。
また、あの「たけし軍団」も女子は入れなく、女人禁制だそうだし。

逆に「男子禁制」の宝塚歌劇団がその宝塚市にありますね。
宝塚の舞台におっさんが上がったら、引きずり降ろされるかも知れません。

相撲協会にもいろいろ問題があると思うのですが、舞鶴市と宝塚市の場合は論点が違うということを感じました。

相撲の挨拶で、相撲協会に「差別」というのも「悔しい」というのも聞き苦しいので、来年は挨拶に来られない方がいいかも、と思ったりしました。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。