2018年3月3日土曜日

年寄りの楽しみは、ネットの合間に読書

定年リタイアするまでは、定年になったら誰にも縛られずに、やりたいことをやろう。
旅行にも行って、本をいっぱい読めるなあ~(^^;)などと、思っていました。

好きなことをやれるけれど、そのうち飽きて暇を持て余すかもしれないかも?
その時は週2~3日パートかアルバイトしよう。
などとも、当時は思っていました。

定年リタイアして、もう3年8か月。

まだパートもアルバイトもしていません。

働かなくても、なんとか生活できるので、身を入れて仕事を探さないのが1番の理由ですかね。

ただ暇を持て余すかと思いきや、毎日これと言って何もしていないのですが、日の経つのがが早いこと・・・。

やはりネット環境があることが、一番の理由のようです。
年寄りの一番の見方はネットだと思います。

読書よりネットが一番です。
読書をしようと思ってはいたのですが、本はなかなか読む時間がないという感じです。

そんな毎日ですが、1冊、本を読みました。
あまり込み入った本はだんだん読む気がなくなって、推理小説や警察小説がいいですね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
複合捜査 (集英社文庫) [ 堂場瞬一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/2/1時点)

書名 複合捜査
作者 堂場瞬一
発行 集英社文庫

堂場瞬一の警察小説は、警視庁が多いのですが、この小説は、さいたま市、埼玉県警浦和中央署所属の夜間緊急警備班。

作者の創作の夜間緊急警備班で、主人公が班長が若林祐警部。
夜8時から朝8時までの夜間が勤務時間で、班員がローテーションを組んで初動捜査に当たるという設定です。

この作者の他の主人公のように、正義感が強く、行動的な警察官ですが、テンションの高さが際立っているキャラクターです。
若林とは正反対の性格の、副官の桜内警部補の存在も、光るものがあり、他の堂場作品と相まって深みを増しています。

さいたま市で夜間発生した、いくつかの事件を捜査していくうちに、1つに集約され、犯人に迫っていくというものです。

この小説に出てくる部署は、勤務が夜勤専門なので、先ず、まあ実際にあったら大変だろうなと思ったことでした。

最後はやや後味の悪い結末なのですが、最後まで一気に読みました。
テレビや映画で警察ものを見るのもいいのですが、小説を読むのもなかなかいいものです。

朝 珈琲、牛乳、トマトジュース、パン少し

昼 珈琲、のみ

夜 スーパーで買ったかつ丼、他


今日も読んでいただきましてありがとうございます。

2 件のコメント:

  1. 小生もネットと本を楽しんでいます。
    堂場俊一の本は読んだことがないので、今度読んでみます。
    ブログもやれば、YouTubeも視るだけですが楽しんでいます。
    暇つぶしの場所や「やること」を探して、3年目が終わろうとしています。
    4月からは完全定年になりますので、本格的に暇つぶしの毎日を楽しもうと思っています。

    返信削除
    返信
    1. 福岡の田沼さん、コメントありがとうございます。
      田沼さんのブログも、私がブログを書き始めたころから訪問させていただいています。
      タイトルの似顔絵の漫画が印象的で、いいですね(^^;
      堂場瞬一は、1つ読むと次から次と読みたくなります。
      今後ともよろしくお願いいたします。
      私も花粉症で、家の中でもマスクをしています。

      削除