2018年3月20日火曜日

そ、それは、いくらなんでも!

森友学園、国有地売却問題の、参院予算委員会での財務省官僚の答弁のフレーズです。

財務省の公文書書き替えをめぐって、和田正宗議員が、大田理財局長の答弁に対して、「太田局長は民主党政権時代に野田首相の秘書官を務めていたので、安倍政権をつぶそうとして変な答弁をしているのではないか?」と質問をしました。

それに対して太田氏の答弁の要約、「公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事で、それを言われるといくらなんでも、いくらなんでも(あんまりです)。」
( )内は私のつけ足しです。

太田さんとしても、国会質問・答弁の場で、それを言われるとは、顔面蒼白、泣きたくなったでしょうか?

和田正宗議員は、NHK出身で、参院自民党でも保守派として、ネット界隈でも知られている議員で、私も注目している人で、好きなキャラクターの議員の1人なのです。

が、しかしこの質問の発言は、反論がしにくい気の小さい(ように見える?)高級官僚に対して、いささか気の毒な内容だったのかなと思います。
素人が聞いていても、ほんとかな?と思う質問だったようですね~?

どんな立場の人にも矜持があり、これを傷つけかねない言葉は、聞いていた私もちょっときつい質問だったなあ~と思いました。
でも和田議員の質問が、本当は的を得たものだったとしたら、理財局長の答弁は、痛いところをつかれて、たじたじとなったようにも見えて、どうなんでしょうか。

この和田議員の質問に対しては、ネットや、評論でも批判的な意見も見受けられます。

ワイドショーでも取り上げられたのを見ましたが、フジテレビの昼の番組のバイ○○○などでは、メインキャスターのS氏が、和田議員のことを何も知らないのに、「こいつ何言ってんの?」などとこいつ呼ばわりで、正当な批判ではなく、必要以上に貶める発言がありました。

「自民党だから駄目だ」とひとくくりにしたみたいに、私には聞こえました。

これはこれでかなり酷くて、このSというMCはいつもこんな感じで、どうかな?と思いますね。
放送法を持ち出すまでもなく、放送局の中立性にもかかわってきますね。

こちらのMCの発言の方を、「それは、いくらなんでも!」と突っ込みたくなりました。

難しいことかもしれないのですが国会議員の方々も、これを批判する方も、相手に対してのリスペクトや、思いやりの気持ちもちょっと表した方が、見ている側としても気持ちがいいかもと思ったものです。


朝 珈琲、牛乳、ジュース、パン少し

昼 きつね+わかめうどん

夜 豚汁、おしたし他、ご飯

今日も読んでいただきましてありがとうございます。