2018年3月13日火曜日

森友問題が続いていますが

政治については、あまりブログに書かないのですが、森友学園「問題」というのが、延々と続いているので、その一連のなかで目を向けたい点が2つあります。

1つは、近畿財務局の担当部署の職員の方のこと。
もう1つは、窮地に立たされるかもしれない安倍政権と日本の今後。

昨年から国会は、森友学園「問題」にプラスして、加計学園問題を延々とやっていて、国会はこれだけではなく、他にも審議しなければならない案件が、沢山あるのではないか? と個人的には思っていました。

森友学園の件は、いろんな交渉の中で、近畿財務局が、学園に値引きをして、瑕疵のある土地を買ってもらったという認識で、どこに政府を追及する「問題」があるのかわからなく、それほど関心はありませんでした。

今年になっても、公文書書き換えなどの問題が収まらない中で先週、近畿財務局の学園側との交渉担当部署の職員が、遺書を残して亡くなったという報道がありました。

この方は直接交渉に当たっていたと言う報道もありますが、亡くなった原因が、窓口で携わった仕事の内容によるものか、昨年来国会やマスコミの追及が長引き、その対応・処理のための仕事量のため、ストレスが心身とも耐えられなくなったためなのか、現在わからないですが、痛ましいことです。

森友学園の経営者が逮捕され、その後にも刑事事件に発展しそうな問題があり、真相究明の前に職員が自ら命を絶ってしまったということは、
誰がこの方を追い詰めたんだろうな・・・?
重ね重ね残念で、お気の毒なことであります。

政治が絡む事件で、末端の担当者や関係者が、自ら命を絶つということは、記憶の中でも何度もありました。

今回のことが、過去の事件のようなことかどうかは、今のところわからないですが、問題の当事者になってしまった方には、同じような重圧がかかってしまうものだと、つくづく思います。

若いころには、政治や汚職事件で関係者が、命を絶ったことなどを見たり聞いても、「なんでそこまで追いつめられるのか?しななくてはならないのか?」と思ったものでした。

一般的に役所が行った値引きとか売却価格の決定・判断は、当然上司の決済があるはずなのですが、何か問題が起こった時には、最終的に担当者の責任が、最も重くなってしまうのでしょうか。

今の私の年齢になると、その立場に置かれた方の心身の重圧、精神的に追い詰められる気持がよくわかります。
でも命は1つしかなく、地位や仕事より、一番大切なものです。

今後も野党はこの問題で、政府や財務省を追及していくので、重大な案件の審議が滞って行かないことはないでしょう。
これで、内閣支持率が下がっていったりすると、政権が不安定になってどうなるのか?と思います。

平昌五輪が終わって、米朝首脳会談か?と言われている中で、日本の政治は不安定さが増していきそうです。
私にはそれも不安ですね。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。