2018年2月21日水曜日

訃報、名バイプレーヤー大杉漣さん急逝

1時間くらい前、テレビを見ていたら、俳優の大杉漣さんの訃報が速報で流れました。
驚いてネットでニュースを確認したら、トップで記事がいくつも出ていました。

まだ66歳、急性心不全だということですが、早すぎますね。
表題のように、名バイプレーヤーの大杉漣さんですが、大変存在感のある演技をされる俳優で、いろんな作品が記憶に残っています。

テレビ東京の「バイプレーヤーズ」というドラマの主役の一人で出ていて、ネットニュースで、今日午後9時54分の本ドラマは予定通り放送するとのことで、今ドラマを見つつこれを書いています。

ドラマの中でも、存在感はあり、66歳より若く見え、とても急逝するなんて、全く思えないのですが、現実で残念なことですね。
団塊の世代の私より2年若く、平均寿命より10年も早いですね。

同年代の俳優で、深水三章さんが今年1月に、根津甚八さんが16年12月に、阿藤快さんが15年11月に亡くなっています。
映画やドラマで見ていた顔の有名人が亡くなったと聞くと、他人ごとではない気がします。

友人知人でも、俳優でも、同年代や、それより若い人が亡くなるということは、大変複雑な気持ちです。

それにしても、大杉漣さん、このテレビ東京の、一風変わったドラマで、いい味出していました。
そしてこのドラマが遺作になりましたね。

謹んでお悔み申し上げます。  合掌



今日も読んでいただきましてありがとうございます。