2018年2月25日日曜日

車谷長吉氏を思い出して

春になって、3年前の5月に、69歳で亡くなった、
車谷長吉氏(ウイキペディア)のことが思い出されてきました。

そして今年の夏には、私(団塊おじさん)も車谷氏が亡くなった年齢と同じく、69歳になります。(;´・ω・)

この訃報は、2015年5月19日(火)の、新聞朝刊社会面にも載りました。
GW後に金沢旅行に行ったときに、駅前のアパホテルで求めた新聞ですが、この車谷長吉氏の訃報を大切に切り抜き保存しています。

大変好きな作家でしたので、旅の途中のテレビニュースで、車谷長吉氏が食べ物を喉に詰まらせて亡くなったと聞いて、まさかと思ったのと同時に「もしかしたら、車谷さんらしい亡くなり方なのかな」と思ったのを思い出します。

車谷長吉氏は、いわゆる私小説家(わたくししょうせつか)です。
写真で見ると、坊主頭で風来坊然として、家は持っていたのですが、それ以外は「無一物」の言葉がぴったりの作家でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
赤目四十八瀧心中未遂 (文春文庫) [ 車谷長吉 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2019/2/1時点)

最初に車谷作品に触れてから、もう20年ほどになり、その間「赤目四十八瀧心中未遂」で芥川賞にも選ばれましたが、どの作品も好きですね。

亡くなる前の数年位は、あまり執筆をされていなくて、突然亡くなったので、もう彼の新しい文章には触れられなくなり、今でも残念に思っています。

気骨と覚悟があった作家だと今でも思っています。
あれからもう3年になり、私も車谷長吉さんが亡くなった年と同じになります。

車谷さん、ちょっと早かったですねえ~、  合掌。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿