2018年1月23日火曜日

株価が高くなっていますが・・・。

日本経済・企業業績も好調で、日経平均が24,000円を超え、26年ぶりのバブル崩壊後最高値更新ということで、株式市場は盛り上がっているようです。

私の場合は株式にも債券にも商品相場にも縁がない生活で、遠くから「すごいね?」などと言いながら眺めているだけです。

私は30年も前の、バブル崩壊の1年前に、有り金?で株を買い上昇相場の雰囲気の中にいたのですが、1年後最初の大きな値下がりがあった時に、危険が迫っているような気がして、全部売って手を引いてしまいました。

その1年間、日経平均はかなり上がっていたのですが、私の収支はトントンくらいでした。
素人ながら仕手株に手を出したりして、利益を全て食われたのでした。
ホント情けなかった。

ただ早めに売ったので、大きな損はなかったのでしたが、投資、というより株は難しいと実感しました。
いい経験でした。

それ以前にも以後にも「投資」はやっていません。

定年リタイアした後、ネット証券に株式口座を作ったのですが、株が下がり、様子を見ていたらまた上がっていきました。
下がっても買うのが難しく、上がっても株を買うのが難しいものでした。

いつもその時点では高いと思って、例えば15,000~16,000円の時に、
12,000円位に下がったら買おうかな?などと思っているうちに上がってしまい、株を買う気にならなくなりました。

つくづく、今の自分は「株」には向いていないと思いました。
その向いてない理由は、自分なりに考えて次のことの様です。

判断力、決断力が弱い
優柔不断で度胸がない
大体資金が少ない
株が下がった時に心臓に悪い
残りの「老後」を心安らかに過ごしたいかも?
先はそんなに長くなく、お金が増えても減っても大したことがない?

ということで、私は買えない・買わなくてよかった様でした。
現在投資を行っている方は、いいチャンスかも知れません。
投資の利益を出されるのを願っております。

以上は個人の感想でした。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿