2017年12月8日金曜日

高齢者は健康維持で医療費削減に貢献ですね?

定年リタイア後、国民健康保険になっているので、毎年の健康診断は市の集団検診を受けています。
がん検診や脳ドックなどは受けず、基本的なものだけです。
料金負担額は、1,000円です。

検診の結果は、去年まで郵送されていたのですが、今年は「生活習慣を見直し、検査数値の改善が必要かも?」 ということで、個別指導があり、時間指定で、市の保健センターへ出向きました。

体重や血圧、腹囲、中性脂肪、ɤーGTPなど昨年も基準値を超えてきつつあったので、うすうすこういう指導が来るなとは思っていたので、やはり来たかという感じです(;´・ω・)💦


今後6カ月で体重:3kg減量、腹囲:3cm減を、毎日の生活で120Kcal̠マイナスに調整、週4回のウオーキング、おさけ類を今の半分にする。
というような指導をされました(゚Д゚;)

簡単にできそうでできなく、指導されたので、真面目に考えます。
ハイ。
体重は70Kgを超えないように。
血圧が140を超えないように。
肝機能を悪化させないように。
中性脂肪も基準を超えないように。
・・・健康の課題は多いです。

でも高齢者が健康を維持するのは、自分のためだけではなく、国民医療費削減に寄与することでもありますね?



今日の食事

これでも体重は減らないので、困惑(;´・ω・)

朝 トマジュー、牛乳、コーヒー、サンドウイッチ半分

昼 抜き (`・ω・´)キリ

夜 黄桜約1合、チーズ、肉野菜煮、茎ニンニクと魚介の炒め
  ご飯茶碗半分

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿