2017年11月27日月曜日

生命(医療)保険の記事を読んだ



今日の食事
(毎日公表するほどの食事ではなく、
 変わり映えしないですね (;´・ω・)💦



朝  牛乳、コーヒー、トマトジュース、ホットドッグ1個
昼  ピザまん、肉まん各1個、柿1個、お茶
夜  自分手製ラーメン(肉・野菜・卵入り)

今日はお米は食べませんでしたね。
はスーパーに行くたびに10個位買っときます。

さて表題の件ですが、ネットサーフィンをしていたら、ダイヤモンド オンラインの11月24日の、「保険会社の管理職たちが医療保険に入らない理由」という記事が目につきました。

記事の中で「なるほど」と思ったところを、「自分の解釈」も交えて挙げさせていただきます。

保険はいざという時、必要不可欠というのは誤解。

保険は加入者にとって、不利な仕組みということに気づいていない。

いざという時、貯蓄で自己負担する方が保険で用意するより合理的。

売れ筋の医療保険はCMなどの経費で、会社に回る比率が大きい。

保険会社の、保険に精通している人ほど、CMなどで有名な保険には入らず、最もコストがかかっていない保険に必要最小限入っている。

保険のCMや広告の演出力で、最悪のことになった時のことを考える。と、冷静な判断が失われがちになる。

自動車保険のかけ方を参考にすると良い。

保険加入を検討する時は、不安感に振り回されず、冷静に計算する。 

この記事の内容は、私が現在保険に対して考えていることに近いので、
参考のためにと思って私も記事にしました。
私は65歳から順次、生命(医療)保険は止めていって、現在は損害系の保険にしか入っていません。

自己責任ですが、「いざ」という時は、貯金と、公的保険、高額療養費制度の利用で、乗り切ろうと思っています。
寝たきりになると、どちらにしてもきついですが・・(・・;)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: