2017年10月9日月曜日

維新と希望のはなし

日本維新の会と、希望の党の政策は、憲法改正や安全保障、消費税凍結など、基本的なところで、よく似ています。
維新の会の前議員が、「希望の党が、維新の会の政策を真似して作ったので当然だ。」と言っていましたがとりあえず、それは置いときます。

政策が似ていても、同じ政党ではないので、東京と大阪は選挙協力をするが、それ以外では、切磋琢磨して、競合を避けるための調整はしないとのことです。

小選挙区の、東京では希望の党が出馬し、大阪では維新の会が出馬するところにお互いに候補を立てないそうです。
ただし応援をすることもなさそうです。

その他の関西、関東等の大都市圏では、強敵の自民党と三つ巴の戦いになる所が多いかと思います。

それぞれの候補者の方々、特に維新の方は、納得できなく戸惑う方も、かなりいるようで、前出した維新の前議員は、「維新と希望は一緒にやるのではない。」と言っています。

大変なことだと思いますが、短い選挙戦を頑張っていただきたいと思うものです。
闘い終わった後、どのような関係になるか、見守っていきたいと思います。

その中で、気になる候補者の方おられます。
以前に民進党を離党して、維新に行き、近畿の比例ブロック1位で当選していた議員が、今回は”円満移籍”で希望の党に入り、東京の小選挙区から出馬すると言っています。

この候補者については、維新の松井代表は「党内での活動について、党内の仲間から良い評価がなかったので「ご自由に」ということで認めたと述べたそうです。

この候補者は、民主党にいたころより、ずっと前から知っているのですが、どうなんだろうな? 
有権者はわからなかったが、仲間の議員はこの方を見抜いていたんだろうと思います。

今回の民進党分裂騒ぎの中で、左派で希望の党の公認を受けた、ブレまくっている方々と、この候補者との違いが、よくわからないですね。

また人工透析の件で、以前このブログにも書いた、元フジテレビのアナウンサーの方も、維新の会から千葉1区に出馬するそうで、こちらも注目しています。
首都圏の維新の会の候補者は、特に大変だと思います。

選挙関連の話でしたが、選挙の記事は気を使います。(;´・ω・)💦


うーむっ!


今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿