2017年10月13日金曜日

クルマに関すること ①

クルマで思うことは沢山あります。
事件だけでなく、日常で出くわすことなど、私の目線でいろいろ書こうと思いました。

悲惨で腹立たしい、クルマに関する事件がありました。
事件の発端は、東名高速のパーキングエリアで、通路をふさいで駐車していた乗用車の男に、ワゴン車の男性が「クルマが邪魔」と注意をしたことにあります。

この注意に切れた男がそこから、男性のワゴン車を追いかけて、煽り、妨害、嫌がらせをしながら、パーキングエリアから1.3kmの東名高速の大井町で、自分の乗用車で進路をふさぎ、走行車線に停車させた。

その場で、因縁をつけられていたワゴン車の夫婦が、後ろから来た大型トラックに追突されて亡くなった事件です。

乗用車の因縁男は逮捕されていますが、悲惨な事件で広く知られていて、ブログの読者の皆さんもご存知と思います。

パーキングエリアで、マナー違反をしていた男が、このような悪質なDQN男だったと知らずに、注意をした男性の不運なのか。
さわらぬ神にたたりなし・・・?  君子危うきに近寄らず・・・
事件が起きた後には、このような言葉が頭をよぎります。

世の中には、残念ながら一定数の、法律やマナーなど関係なし、範疇外という人間がいるものです。
この男は、まさにその範疇外の男で、クルマに乗ると余計にその異常さが増すのかも知れません。

マナー違反の車を注意した結果、命を失うという結果を、この男性や家族は想像できただろうか?

また追突したトラックの運転手も、災難だし気の毒とはいえ、前方不注意などの道路交通法の責任は免れないと思いますし、そのトラックに追突した車もあるといいます。
やりきれない事件でした。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: