2017年9月26日火曜日

定年リタイアでネット依存症の危険あり?

定年でリタイアした時、定年で職を失ったと思う気持より、意外となんだか高揚感がありました。

定年の日のずっと前から、定年になったら、

もう会社に朝7時に行かなくていいのだ!(^▽^)/
毎日時間があるので、本も読みたい!(^^ゞ
クルマで全国周りたい!
海外旅行にも行きたい!・・・・!!

何でもできる、というような気がしていました。
解放感満載でした。(;´・ω・)💦 
残念ながら一瞬のことでした。思い描いていたことは、なかなかできません。

海外旅行に1っ回だけドイツに行き、国内旅行も何回か行き、本も読んでいますが、こういった時間は、長い時間の中の、ほんの一時(いっとき)のようです。

日常は、散歩したり、スーパーに買い物に行ったり、日帰り温泉に行ったりする以外は、基本的に家の中にいる場合が多いです。

ということで本題です。

家にいて、ブログを書いていて、テレビもあまり見ないとなると、時間に余裕は沢山あり、パソコンの前に座ることが多く、ネットもよく見るというか徘徊することが多くなります。

気がつくと、ブログを書くことも含めて1日8時間以上もパソコンの前にいることも、結構あります。
これだと会社で、仕事している時間と変わりないですね?(・・;)

この状態も、自分にあまり自覚はないのですが、ネットにかなり依存しているとも言えます。

この状態が進むと、インターネット依存症 (ウキペディアより)になってしまうかもしれません?
他にもある依存と同様に、専門家の間では、精神疾患だという考えが多いようですが、「病気」かそうでないかということは、難しいところで、私にはよくわかりません (;´・ω・)
詳しくは、リンクを下押していただければ・・・と思いますが、
どちらにしても、舐めてはいけませんね。

若年層に多いイメージがある、インターネット依存症ですが、シニア高齢者にも、気がつかないうちに、取りつかれるかもしれません。

私も、たった1つのブログですが、これを書くのに、間違ったことを書くといけないので、いろいろ調べたりしているうちに、つい時間が経ってしまうことがあります。
ネットサーフィン(徘徊)も良くしますね。(・・;)

気を付けなければね? 」と思いつつインターネットと付き合うことにしたいです。

やはり、やることがないなあ~とばかり思わないで、時間配分を考えつつ、外に出るのも必要なのかな?

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング