2017年9月24日日曜日

自民党副大臣の離党、何でもあり?理解不能!

政治ネタは書くのは、気が重いのですが、今日のニュースを見て、あきれて?、やはり「政治」の思ったことを書きます。(;´・ω・)

福田内閣府副大臣、新党合流へ=自民議員初、こころ中山代表も

上の見出しは、時事.COMの配信のニュースですが、買い物帰りの車のTVの、NHKニュースでこの話しをやっていました。
その時の気持を、タイトルに表わしました。

でも、理解不能と書いたのですが、本当は解っているんだけどもね?
選挙区の事情だね?
当落線上、又はこのままでは落選必定の方なのですね。
 
この福田副大臣は、麻生派の方で、自民党を辞めて、若狭衆議院議員が結成しようとする新党に、「考えが一致しており」加わるということです。
この一報で自民党の一部にも激震が走ったようです。
ネット用語?でいうと、自民党が凍り付いた!??(・・;)

「日本のこころ」の中山氏もそれに加わるそうで、こちらの方が影響が大きいと思いますが、現職の副大臣が、副大臣にしてもらった、義理のあるというか恩のある、自民党を離党して新党に加わるなどということが、あり得ていいのか?それが政治家というものか?、というのが、私の感想です。

福田という副大臣は、衆院神奈川8区で何回も、江田憲司氏に大差で敗れて比例復活している議員で、この方が衆院選選挙区で出ても、勝てる見込みはあまり無いかもしれないので、新党でどこかで出るか、比例を目指しているのかと思います。

比例復活で救われた候補者が、その党を辞めて他の党に行くのは、今まで民進党にもあったのですが、今の時期そんな人が、まして副大臣でいるのが信じられない。

自民党(の副大臣にして)から、まだ出来てもいない(小池)新党に行く背信ともいえる行動が、自分の議員バッチを獲得するメリットと比べて、それこそ大義があるのかも理解不能です。

私は神奈川8区ではないのですが、神奈川の有権者にも理解不能な気持ちではないでしょうかね。

こういう人たちは国民のことなどあまり考えていなくて、自分(の身分)ファーストというだけのことなんだろうな?
有権者も候補者を見る目がないと騙されてしまうので、投票の時は注意しなくてはね、と思います。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: