2017年9月14日木曜日

妹の夫(義弟)が亡くなった件

このブログで何回か書いたのですが、がんで闘病していた義弟が、残念ですが亡くなりました。



11月の誕生日を待たずに、67歳、団塊世代の最終ランナー でした。
末期になって、胃から食べ物が採れず、抗がん剤も使用できず、点滴だけだったそうです。

がんに体力を奪われ、体重が30kg台になって、痛みをおくすりで抑えている状態だったので、亡くなってホッとした感情は、否定出来ないことです。
がんには、やはり勝てなかった。

一生のうちに、がんになる確率は、
1/2とも言われています。
ということは、自分もいつかはと思いますね?
その時自分はどうするのかな?
どんな気持ちになるのかな?

そんなに遠い先でもないかも知れませんね。
団塊世代も、これからだんだん少なくなっていきます。

それまで、精一杯生きなくてはね。

今日も、読んでいただきまして、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿