2017年8月27日日曜日

北朝鮮のミサイルが飛んで・・

海外や時事のニュースで最も気になるのは、北朝鮮のミサイル発射です。

昨日26日午前6時49分ころ、北朝鮮の江原道というところから、「ミサイル」が発射され、2~300Km飛んで日本海に落ちたという報道がありました。

ワシントンとソウル発、時事通信の配信が早かった様です。
この配信の続報がいろいろありますが、国際問題に疎い素人のKAZUKUNが考えてもわからないことがいろいろあります。

今回のミサイル発射は、実験という観点で見れば、成功とか失敗という分析はあまり意味がなく、データを積み重ねていると見れないか?

そこまでして、アメリカを威嚇している北朝鮮は、何を求めているのか、アメリカに核保有を認めてもらいたいだけなのか?

それとも本気で自爆覚悟で、アメリカと対峙しているのか?

韓国の存在感が薄いのですが、それ以上に日本政府の存在感が薄すぎて、遺憾の意を表明するだけに見えるのだが?

北朝鮮のGDPは400億ドル位(約4.4兆円)と言われていて、世界で70番目位の国で、地方の国民も軍の兵士も、飢えているというような報道もある状況で、なんでこんなにミサイルを飛ばせたり、核実験ができるのか?

中国やロシアの援助があるとしたら、どのくらいなのか?
これは解る訳はないな~?

考えてもわからないので、今回はこの辺にします。

読んでいただきましてありがとうございます。