2017年7月27日木曜日

「一寸先は闇」の世界

今日の投稿の題名の、「一寸先は闇」という言葉は、政治や相場でよく使われる言葉ですが、今日はそれを地で行く突然の辞任劇でした。

稲田防衛大臣の辞任意向固めた報道と、蓮舫民主党党首のこれまた辞任意向表明で、”晴天の霹靂””寝耳に水”ですが、こうなることは、予測のつくことではあったといえます、お二人とも状況は違うと思いますが、追い込まれたということで、やはり政治の世界は「一寸先は闇」ですね?

両氏とも部下や幹事長が辞意の意向なのに、トップがそれで(辞めなくて)いいのか?という声があったとも言われているそうです。
KAZUKUNとしては、想像するしかないのですが。

蓮舫氏のことは昨日書いたので今日は省きますが、稲田氏は最初防衛大臣に任命されてから今日まで、頼りない感じが出ていて、残念ながらいいところがなかったといえる大臣となってしまいました。
省内では辞任は「予想通り」という醒めた声が多いそうです。

最初の頃、民進党の辻元議員に、国会質問で詰め寄られて泣いてしまったように見えたときは、「悔しかったのだろうが、頑張ってもらいたい。」とエールを送ったりしていたのですが、今になって思うと、防衛大臣の資質がなかっただけ、頼りないだけの人だったのかな~と思わざるを得ません。

こんなことで、自民党政権の力が落ち、野党も何が何だか分からなくなって、政治不信で、日本の政治はどうなっていくのか?
北の隣の国が、又ミサイルを飛ばそうとしているこの時期に・・・!
まさしく「一寸先は闇」です。

「一寸先は闇」といえば団塊の世代の我々も、「一寸先は闇」の人生かも知れません。
体調が悪くて病院に行って検査したら、重大な病気の疑いで、「急いで精密検査の検査入院をしてください。」などと言われたら、それこそこれが「闇」の始まりかも、ですね。

自分の若いころは、「前途洋々」などと勘違いして、思っていた時もあったのですが、これからは、本当に「一寸先は闇」を実感していくかも知れません。

話が飛びすぎて失礼!

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: