2017年7月11日火曜日

高齢者にもできる仕事を捜していますが

今年に入って、パートやアルバイトの仕事を捜そうと思ったことを、ブログに書いたことがあります。

捜す方法は、まずハローワークですが、実際に行かなくて、ホームページで検索します。
そして、スーパーや飲食店などに置いてある求人誌を見る。

でもこういうもので探しても、全くと言っていいほどありません(;´・ω・)💦

高齢者でもできるかと思われる、年齢不問の良く出ている求人は、介護関係、警備・清掃関係、飲食店などですが、いつも同じ業界の同じ会社が求人を出しているのを見ますね。

いつも募集している会社は、割と簡単に入れるが、様々な理由だと思いますが、応募者が入ってはすぐ辞めるので、年中求人せざるを得ないのですね? (・・;)
私の若いころ、訪問販売系でこういう会社が沢山ありました。
いまでも募集をしている会社もあります。

その他は、派遣会社や請負会社の求人ですが、これは高齢者には向かないかも。

年齢不問で募集していても、内容を見ると「定年制あり60歳。/65歳まで延長可能」等となっていて、これじゃ年齢不問じゃないじゃん! と突っ込みを入れたくなります。

定年になった後にハローワークの窓口で、「65歳以上の方はシルバー人材センターに行くのも1つの方法かも・・・」と言われました。
シルバー人材センターも、登録してもなかなか仕事がないというのが現状かも知れません。

ということで、人手不足は一方では大変な問題としてあるのですが、高齢者は「人手」の中に入ってないのかも知れません。

1億総活躍社会というようなことが言われていますが、これも高齢者は ”お呼びでない” のかもしれません。

天下り先があるような、ほんの1部の高齢者を除いて、年金だけが生活費のすべてという方も多いと思います。

そうすると、現役時代に数千万円の資金を、老後のために確保しておかなければ、年金収入以内の生活費で、生活を賄わなければならないという、なかなか厳しい現実になります。
というか、すでになっています。

「月に5万円くらいでも、別に収入があればいいかな~?」とも思いつつ、「この年になって履歴書くのもな~(;´・ω・)」とも思ったりして、優柔不断に、今日もハローワークの求人をネットで捜しています。
もっと真剣に捜さなくっちゃね? (;´・ω・)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: