2017年6月23日金曜日

小林麻央さんの訃報で思ったこと

こんばんは、

フリーアナウンサーの、小林麻央さんが逝去されたことを、昼前位にスマホを開けた時に、ヤフーニュースの速報が入っていたので知りました。

長い間乳がんで闘病生活を送られて、ブログ発信もされていたので共感する人が多かったそうです。
でも頑張ったけどとうとう力尽きてしまった。
まだ34歳という若さで、まだ小さいお子さんもいて、本当に無念だったと思います。

今日の午後の海老蔵氏の会見も見ましたが、目を赤くはらした姿が痛々しかったですね。
心よりお悔み申し上げます。

がんは、最近は発見が早ければ治せるといいますが、早期発見がなかなか難しくて、手遅れになる場合がまだまだ多いですね。
これからもっとがん治療の技術が進むと思うのですが、残念ながら間に合わなかった。

小林さんはわれわれ団塊の世代の、半分位の年齢なので、本当に若いという実感でした。
若いがゆえにがんの進行も早かったですね。

年をとればとるほどがんになる確率は高くなるようなので、私などはいつなっても、おかしくない年齢に達してしまっているようですが、その時の覚悟はなかなかできないものです。

大きな病気になった時、自分ならどうするかな~と時々考えてみるのですが、人生1回きりで最後は必ず来ると思っていても、なかなか達観できないものです。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿