2017年6月20日火曜日

行くブログ、来るブログ

こんばんは、団塊定年おじさんです。

タイトルは、「行く年来る年」にかけてみました (;´・ω・)💦

少し前にも触れたのですが、本日6月20日は、ブログを書き始めてちょうど1年目になります。
早いものですが、投稿の数はこれで311となりました。
1日1記事=365には届かなかったのですが、それでも、
塵も積もれば山となる」ですね (^_^;)

まあ、1年くらいで喜んでいる場合でもないのですが (^^;)
でも1年続けられたのは、訪問していただいた読者皆様のおかげです。

私が定年リタイアしたのが3年前なのですが、その2年前位から、いろいろなブログを徘徊して参考にさせていただいておりました。
自分がリタイアしたら「貧乏暇あり」になるのは間違いない、ということで、まず貧乏系・(セミ)リタイア系のブログを見始めました。

今でもそうですが、たくさんのブログがありました。
それぞれブログ主が、自分の思いや生活を、綴っておられました。
現在は閉じているブログも沢山あり、続いているブログもあります。
ブログを続けられない事情もいろいろあるのでしょう。

新しいブログもどんどん誕生しています。
私のブログもその中の1つですかね?

もう閉じられてしまったブログで、今でも忘れられないブログがあります。
3年位前から見始めたブログで、2015年4月に突然閉じられた、
「50代親父の日記」というタイトルで、”50代凡人” というHNで書かれていたブログです。(FC2ブログでした)

ほぼ毎日更新されて、まさしくリアルダイアリーで、その日の仕事であったこと、思ったこと、家族のこと、節約の買い物のこと等を綴られていました。

内容は、50代凡人さんは、赤字の企業のリストラで正社員を辞めたあと、非正規でしか仕事がなく、仕事を何回か変わっていきます。
その仕事を通して、中高年が非正規で働くことの悲哀、難しさ、辛酸、しかし正義感があり卑屈にならない様子を淡々と書かれていました。

何処に行っても、非正規社員を見下す言動をする正社員がいて、正義感の強い性格もあり、衝突してしまう。

ブログの最後に勤めた所は、60代70代の従業員もいる清掃会社で、大企業の工場に下請けで入っていました。

ここでも、工場の社員は、女性の事務員も含めて、下請けの清掃員など眼中になく、人間とも思っていないような者もいて、50代凡人さんや年配のおばさんも屈辱的な扱いを受け、あることをめぐって、特に悪質な社員とその上役に啖呵を切ってしまいます。

その結果、上役は納得するようですが、社員はビビってしまいました。
50代凡人さんは、そのことが、清掃会社の社長に迷惑を掛けてしまうと思い、辞表を提出しました。

その数日後だと思うのですが、突然ブログを閉じると予告され、2015年4月、ブログを完全削除されました。

もしかしたら、今後非正規社員ではなく、知り合いの方と一緒に仕事をするのかな? と思わせる箇所がブログの中に少しありました。

50代凡人さんは、今どうしておられるか?
わかる由もないのですが、きっと奥さん思い、息子さん思いの50代凡人さんなので、今も一生懸命家族のため働いておられるのでしょう。

私のつたない文章だと、なかなか伝わらないのがもどかしいですが、それから2年になり、良い人生を歩いておられることを、陰ながら祈っている、団塊定年おじさんです。

このような、今でも思い出されるブログがいくつかあります。
1つのブログに1つの人生があると思うと、「いやあ~、ブログって本当にいいものですね?」と故水野晴夫さんのように思ってしまいます。

つい最近でも、何年も前から愛読していた、40代の方のブログが閉じられました。
寂しいですが、新しいブログも出てきています。
自分と波長が合うブログは応援したくなります。

私も拙い文章ですが、今後もブログを続けたいと思っています。
また明日からも頑張ります。 はい! (o^―^o)ニコ

今日も読んでいただきましてありがとうございます。