2017年6月15日木曜日

ブログを書くことはリスクもある? 続き

こんばんは、
このブログの読者は、ご自分でもブログを書いておられる方もいると思います。

私は団塊の世代で、ブログの内容は定年退職後のテーマが多いので、読者も同年代でリタイアされている方が多いかなと思います。
現在勤めていて、リタイアが近くて、団塊の世代はどんなことを考えているのか興味があって、たまたま読んでいる方もいるのかな?

そういう方のブログは、匿名のブログが圧倒的に多いようです。
当然ですが、実名で顔を出して、日記などのブログを書くということは、何となく不安だと思う方が多いのでしょう?

名前や顔も含めた個人情報は伏せたいけれど、自分のことや、考えを世の中に発信したい、というのが、ブログを書いている人の気持ちですね。

でも個人情報を伏せたつもりでも、ちょっとした油断や、ネット機能にたいする無知によって、ブログやSNSで簡単に個人情報がわかってしまうリスク(危険)があるので注意したいものです。

どのような場合に個人情報が解かるか調べてみました

自宅や親せき・友人の家の窓から外の風景を撮影した写真で風景が特定されてしまう。
更に行きつけの店や家の近所などを撮影してアップした場合も。

スマホなどで撮影した写真は、いろんなツールやアプリを使うと、撮影した位置情報が特定される可能性がある。
自宅や身近な場所などで撮影したものは特定されたら危ないですね。

ただし位置情報が自動的に消去されるブログもあるし、自分で位置情報を消去する方法もあるそうです。
わたしはこれについては、まだ詳しくないので、気になる方は検索などしてお調べください。あしからず <(_ _)>ゴメン

日ごろから他人を批判したりして、「この野郎!」と思われて、注目されている場合や、そうでなくてもネットで有名になっている場合に、ブログに少しづつ断片的に個人情報を公開していて、それをつなぎ合わせられつき止められるしまう場合。

家族や友人知人、親戚にブログをやっていると言ってしまって、調べられてしまった場合。(どんどん広がります。)

仕事の内容や、同僚の情報を書いて、それが狭い業界だったりすると、意外に特定できてしまう場合。
会社や同僚、得意先に何となく知られてしまい、だんだん特定される。
この場合、守秘義務とかの問題になったり、会社に居ずらいことになったりする。

以上はネットに出ている情報以上のものではありません。
もっと他にも、気づかない場合があるかも知れませんね。
何気ないブログのアップで、不都合なこと(リスク)があるかも知れないということを書きました。
今まであまり考えたことはないけど、自分の情報が流出すると困るな~という方は、ちょっと参考にしていただければと思いました。

特に小さい子供さんや、お孫さんの写真は無防備に載せない方がよさそうですね。
可愛いから、つい載せたい気持ちは解りますが・・・(;´・ω・)

今日はやや重い話題になってしまいました。この辺で失礼します。
こんなことを書いている私も、まだまだ初心者なので、気を付けなければ・・・(・・;)💦

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿