2017年5月5日金曜日

私の住まいの買い替えについて part2

住まい(不動産)についての変遷と思い、昨日の続きです。

35歳の時に少し無理をしてでも、家を買いたいと思ったのは、当時では自然の流れのような気がします。
西暦で1984年、バブルが始まっていて、中小企業に勤めていても、右方上がりで、頭金さえあれば何とかなると思っていました。

不動産も少しずつ上がっていて、先に行くほど高くなりそうな気配でした。

当時年収は300万円を少し超える位で、2,000万円を超えるローンは今考えると、かなり無理をしていたと思いますが、共稼ぎだったのもあって、何とかなるだろうと思いこんでいました。

住宅都市整備公団の分譲マンションを毎週のように見学に行き、とうとう契約してしまいました。
2,800万円の価格で、2,200万円のローンでしたね。
今までの賃貸のアパートや、マンションに比べると夢の様でした。

住まいは今のマンションに比べるまでもなく、快適なものでしたね。
当時の住宅都市整備公団の建物は本当に質が高いと思います。
床や壁が厚く面積が85㎡あり、リビングでエアロビクスが出来た位広かったですね。
2人暮らしですから・・・。

それで東京都内で2,800万円でした。いま考えると安かったですね。


そのマンションを、3年ほどで手放すことになったのは、会社の仕事も中途半端だったのに、脱サラをしようとしたことですね。

いくらバブル時代でも、能力のないものには資本主義のもつかめませんでした。 今思う当時の感想です・・・(;´・ω・)

何度も書くようですが、自分の不甲斐なさ、先を読めない無謀さ、甘さが、自分の人生を挫折させました。

私にとって家というものは、人生そのものでしたね。
その公団のマンションに住んでいた3年間も、いろんなことがあったのですが、はるか昔のことになってしまいました。
若い人には理解できないと思う、バブル時代でした。

ローンが払えなくなりそうになって、1度そのマンションを手放したわけですが、何と楽観的に、懲りずにまた頑張って家を買おうと思っていました。

実際3年後に、田舎に1戸建てをローンで買ったのですが、その家も別の意味で失敗してしまいました。
銀行などの金融機関に、迷惑をかけたことは1度もなかったので、収入さえあれば、ローンは組めました。


もう30年も前のことになりますが、鮮明な記憶になっています。
あまり思い出したくない記憶で、リアルには人に話したくないものですが、ブログには書いてしまいました。

ブログってのは不思議なものですね?
続きもありますので、また書きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿