2017年5月19日金曜日

フォレスタと金子みすゞ

我が家の壁に2017年の、フォレスタのカレンダーを掛けています。
昨年秋のフォレストコンサートに行ったとき、気に入って買ったものです。

 私の部屋のフォレスタカレンダーを写真に撮りました。

フォレスタは、地上波の歌番組にはあまり出ていないと思いますので、それほどメジャーではなく、どちらかというと地味なのですが、ファンはたくさんいますね。
2,000人くらいのコンサート会場はいつも満員になるようです。(平日でも)

ピアノのメンバーも含めて全員、音楽大学卒業又は大学院修了で、歌唱力は安定していて、聞きごたえがあります
ほぼ直立不動で歌う姿が、私の好みにぴったり。
特に明治から昭和初期のうたが好きです。
こういう歌を歌うグループは、現在他にはほとんどいないのでは。



そしてやはり、平日にコンサートに来るファンは、シニア層が多いようです。
というより前回行った時もそうでしたが、殆ど同年代。(;´・ω・)

最初フォレスタを知ったのは、5~6年以上前だと思いますが、家内がフォレスタの「こころの歌」を見始めたのを、一緒に見てからです。

それ以来のファンということになりますか。


金子みすゞ(明治36年~昭和5年 享年26歳)の詩を知ったのは、このフォレスタの歌番組でした。
非破壊検査(株)というスポンサーのCMで女性ナレーターが朗読する金子みすゞの詩がとても気に入って、その後彼女の他のいろいろの詩を読んだものでした。


そのCMに出てくる気に入った詩というのは、「星とたんぽぽ」ですが、
”見えぬけれどもあるんだよ” 
というフレーズで、知る人も多いかも知れない詩ですが、80年以上前に、山口県の片隅で20代の女性が書いた詩(童謡)が、なぜか当時定年を数年後に迎えた、団塊おじさんの胸を打つものがあったのはまちがいないです。(`・ω・´)キリ


金子みすゞは亡くなって80数年経っているのですが、著作権などの問題がありますので、このブログに詩を載せるのは割愛します。
興味のある方はネットで検索して見てください。
YouTubeでは歌も出ています。


私のお気に入りの、フォレスタと金子みすゞを取り上げて書いてみました。
続稿は機会がありましたら、また書きます。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

日記・雑談ランキング