2017年5月31日水曜日

ベランダのアルミサッシ窓の修理が終了

こんにちは、団塊定年おじさんです。

数日前の5月27日(土)に ベランダの窓の修理が長引いて という記事を書きました。

業者さんに修理を頼む時は、建物の築年数が過ぎた建具や部品の交換は、製造してない場合があり、時間がかかるときもあります。
今回のサッシ窓の場合がそうでした。

今日朝9時ころ、見積もりしてくれたサッシ屋さんから電話があり、「部品が揃ったので、1時間以内に行けます。」という急な連絡でしたが、来てもらいました。

修理は30分くらいで終了し、アルミサッシの窓はスムーズに開け閉めできるようになりました。
見積もりより3,600円程追加料金がかかり、合計税込み18,600円也。
今月の出費になってしまいました。
今月の支出はこの分を入れて、別途記事投稿します。

何しろ築23年なので、共用部分の大規模・中規模修繕とは別に、今後専用部分のほかの窓や、建具、配管などもだんだんと修理が必要になりそうな予感がしました。

1万円~数万円程度の見積もりになると、何軒も見積もりをとるのもおっくうなこともあります。

又ちょこちょことその都度、業者さんに来てもらって直すとその都度、出張費のようなものがかかって、出費が嵩みますね。

畳も絨毯も新築時のままで、だいぶ傷んだり汚れたりしていますが、今のところそのままで、リフォームなどをやる予定は無いです。(`・ω・´)キリ

このマンションの寿命と、自分の寿命を天秤にかけながら、
「何とか考えなくてはな~(;´・ω・)」と思っている今日この頃です。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。