2017年5月25日木曜日

仕事について (3)

こんばんは、今日は雨模様で引きこもったままの、団塊定年おじさんです。

「仕事」について思い出しながら続きを書きます。
今は所謂仕事をしていないので、仕事というと、過去のはなしになりますね。

昨日書いた会社では、23年ほど勤めて定年退職したのですが、それ以前に勤めた会社は5社以上あります。

辞めることにした(なった)原因は、
・高卒で入社したが、大学に行きたくなった。
・入ってみたが、どうも自分に合わなかった。
・会社が倒産した。
・労働条件が最初の説明と、どうも違っていた。
・自分の思っていた仕事内容と違っていた。
・脱サラして心機一転巻き返し?

というような、今考えてみれば、進学と倒産は別として、甘い考えだったとしかいえない理由ですが、当時は結構仕事を探せば、あることはあったので自分を正当化していました。

しかし会社を変われば変わるほど、条件が悪くて、規模の小さな会社になっていきました。

面接で「前の会社は何で辞めたのですか?」とか「今までいっぱい会社を辞めていますね?」「どのような分野に自信があるのか?」というようなことを言われて、面接官の納得のいく返答が出来なかったことも多くあり、だんだんその質問が出ることも予測しました。

徐々に簡単に採用されるような会社を選び、「入社したけど、やっぱり思った仕事と違う。」「自分に合った会社がほかに絶対ある。」などと理由を付けて、また辞めるという悪循環に陥ったような感じでした。
本当に最悪な仕事人生の時期もありましたよ。(;´д`)トホホ
いま思い出しても冷や汗が出て、夢にでるくらいです。

そのような、我ながら汗顔の至りのような仕事人生を経て、40歳を過ぎて昨日書いた会社に採用された時、「もうどんなに自分に合わなくても、待遇が悪くても絶対に定年になるまで辞めない。(`・ω・´)キリ」と決心して入社しました。
カミさんにも苦労を掛けて申し訳ないという気持もあったので。

周りがみんな年下とか、出世の見込みがないとか、仕事がきつい(労働条件は良くない)、などのことはありましたが、辞める選択はありませんでした。
入社時からわかっていたのですから。
厚生年金があったことも辞めない理由の1つでしたよ。

そして20数年あっという間にすぎて、仕事人生は終わってしまいました。

気が付けば、定年から既に3年経って諦念? の境地でこのブログを書いています。

進撃の無職というブログを書いている、くらげネコさんの言葉のように「自分はもうだめなのかも知れない。」と、かつて何度も思ったこともある自分の仕事人生ですが、これも自分で選択したことで、誰恨むこともないですね。

少ないとはいえ、厚生年金のおかげで、いま仕事をしていなくても、何とか生活できています。

これを読んでいただいている会社勤めのシニアの方で、役員や管理職(または経験者)でない方の方が多いと思います。
一旦定年で再雇用の方もいるかも知れませんね。

以前の後輩の下で使われているとか、給料は半減で仕事は今まで通りできついとか、もう辞めたいなと思うことは多々あると思います。
それでも耐えられるなら、定年(言い換えると65歳)までなるべく、自分からは辞めないことをお勧めします (`・ω・´)キリ

でも本当に耐えられないくらい苦しい場合や、精神的に追い詰められている場合は別ですが・・(・・;)
 私、団塊定年おじさんの経験からの個人的な意見です(・・;)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。
   

0 件のコメント: