2017年5月16日火曜日

今日は家内が義妹の家に行きました

こんにちは、団塊定年おじさんです。

昨日は午後、家内が歯の治療に行くので、車で送っていきました。


本人は車の運転があまり好きではないようで、クルマで行くときは、ほとんど一緒に出掛けます。
私は絶賛リタイア中で時間はあるので、家内の運転手兼付き人も苦にはなりません。

今日は家内は、昼から(家内の)妹の家に、1人で車で出かけました。


妹宅はクルマで3~40分くらいのところにあります。
家内は妹のところに行くときは、いつも自分で運転しますが、この時は運転は苦にならないようですね。

今のうちの車はHondaのNWGNという軽で、定年リタイア後、新車で買って1年間乗った日産のNOTEを売って、2年前に買い替えたクルマです。

このNWGNは乗りやすくて、エンジンも調子よく、軽にしては広く感じて、それなりに満足しています。

この時(買い替えた時)は家内が、「NOTEは自分には大きくて、後ろが見えにくく、乗りにくくてあぶないので、軽自動車がいい。税金も安いので。(自分は運転が下手なので)」とわがまま?を言うもので、それならHondaの軽にしようと、買い替えてしまいました。(-_-;)

現在、私の運転で助手席に乗るときに家内が、でも「やはり軽は軽なので、NOTEを売らなければ良かったのかな?」などとおっしゃってくれます(^_^;)

でも自分が運転するときは軽が良いというので、一家に一台の我が家にとっては未だにいろいろと難しい選択だったと思っています。(;´・ω・)

さて義妹のことですが、以前にも書きましたが、
今年の初めから「アルツハイマー型認知症の初期の段階」と医者から診断されて、治療を始めています。

治療といっても、今のところは薬を飲むこと位だそうです。
そのこともあって、現在は月2回くらいで、家内が妹のところに行くことにしています。

現在の症状は
物忘れがやや進んだ、
計算が出来なくなり、買い物が出来なくなった、
料理が自分でできなくなりつつある、
息子夫婦に対して疑い深くなった、
遠慮などの気持ちが少なくなった。
などの様です。

この先、要支援や要介護などで、徐々に自治体などのお世話になっていかなければならないかも知れないですが、今のところは、とりあえず日常生活は何とか大丈夫の様です。


義妹の息子(甥=世帯主)は、親が認知症の初期だと解っていても、まだ認めたくない気持ちがあるのだと思うのですが、けっこう辛く当たったりして、喧嘩になることも時々あるそうです。

これから親も子も厳しい状況になるかも知れないと思うと、気の毒なことですが、「いつかは我が身」になることもあり得ます。

専門医は認知症はこれからもハイスピードで増えるといいます。
他人ごとではなく、私も改めて「心構えをしなければ」と義妹のことを思うたび、考えさせられます。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

0 件のコメント: