2017年5月12日金曜日

家内の病院の予約の日でした

こんばんは、団塊定年おじさんです。

今日は・・・と書こうと思ったのですが、もう0時を過ぎましたので、昨日のことになります。

家内は30代の頃から軽いのですがリウマチで、医者通いしていました。
現在に至るまで2,3軒変わって、今のリウマチ内科病院は通い出して、もう10年以上になりますか。

ここ数年は安定していて、それほどひどくはないのですが、
薬を止めると悪化するのでは?という不安があり、予約制で月1回程度の頻度で通っています。

私が勤めていたころは、家内は車で自分で行っていたのですが、私が定年リタイアした3年前から、私が運転して行っています。
道路が混んでいても車で30分かからないくらいのところです。

昨日も「病院へは自分で行くので今日は(来なくて)いいよ(^^;」などと言っていたのですが、結局一緒に行きます。

午後2時30分の予約で、予約制なのに混んでいて、診察が終わるまで1時間半少しかかりました。

家内は血液検査をするので、朝から食事ができなくて、終わるころには空腹になっています。
ですが、もう夕方近く(4時ころ)ということで、セブンイレブンでサンドイッチとコーヒーで我慢して、その後公園を少し散歩して、よく行く日帰り温泉に行きました。

これが最近のお決まりのコースです。
健康にいいコースだなと思ってはいるのですが・・(・・;)

リウマチは免疫の病気で完治することは無いそうです。
ということは、今後(半)永久的に、私の運転で一緒に病院に行くということですね。
これが現実の高齢者の1日の一コマです。
いつまで行ってやれるかな~と時々思ったりしますね。
自分が先に逝くかもしれないし、とも思いながら(;´・ω・)

今日行った病院も満員で、車で高齢者の配偶者のどちらかが運転して来ている人もかなりいました。
病院に行くとリウマチに限らず、シニアで病気で苦しんでいる人が多いのに気づかされます。
いつもですが・・(・・;)

しかし先のことはあまり考えないで、今日1日無事終わったことに感謝ですね。(o^―^o)

0 件のコメント:

コメントを投稿