2017年4月28日金曜日

私の花粉症はこれからが本番・・(;´・ω・)💦

4月もそろそろ終わりになってきました。
花粉症で悩んでいる多くの方も、そろそろ終息に向かっていると思います。

私もアレルギー体質で、花粉症歴は長く、中学校3年(15歳位)の頃症状が現れて、早や52年ですね。
その頃はまだ花粉症と言われてはおらず、耳鼻科でも普通には認識されていなかったらしく、風邪とか、普通の鼻炎のように扱われていたようでした。

初めて別の耳鼻科で、先生が私の症状を見て、「最近スギなどの花粉のアレルギーで鼻炎を起こすことが知られてきたのですが、それかも知れませんね?」と言われたのが初めてです。
15歳のときから、7年目(昭和47年)、22歳の頃です。
それでもまだ花粉症という言葉はなかった様でした。

花粉症という言葉が一般的になってきたのは1980年ころからだと言われています。

その5年後位に、大学病院の耳鼻咽喉科でパッチテストを受けて、私は主にスギ、次にヒノキにアレルギー反応があると解って、正式に花粉症と認定されました(・・;)💦

確かにその頃は3月から症状が出始めて、4月半ばくらいに治まってくるという感じでした。
スギ花粉のシーズンと重なります。

ところが還暦を迎えたころから、3月4月の花粉症の症状がやや軽くなってきたように思われ、5月中旬くらいから6月にかけて花粉症のピークを迎えるようになりました。

今年もまだ今のところ、花粉症の症状は極く軽く、抗ヒスタミン剤の錠剤は、まだ飲んでいません。
ここにきてだんだんと、鼻水・のどと目のかゆみが出てきました。いよいよかな?

年とともにスギ花粉に対するアレルギーの感度が鈍ってきたのかも知れません。
そうすると5月くらいからのアレルギーは何だろうな?
ぶたくさかな? などと思っています。

52年も花粉症とお付き合いしていると、症状がひどくならないように、マスクや薬で対処できるようになり、いまさら花粉症の主原因をつき止めることはしませんが・・。

人間のアレルギーとか、抗原抗体反応などというのは、自分の体なのによくわからないものですね?
ということで、私・団塊定年おじさんはこれから1カ月くらい花粉症で憂鬱な時期を過ごすことになりそうです。

なお以上は私・団塊定年おじさん個人の症状・印象・感想です。
医学的には正確では無いかもしれません。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿