2017年4月24日月曜日

韓国旅行のキャンセルが相次いで

先週位から日本人の韓国旅行のキャンセルのニュースが目立つようになってきました。

出典:写真AC


今日ネットで確認したら、旅行社1社で3,000人~4,000人がキャンセルしているというニュースが出ていました。
全部だったらどのくらいかわかりません。
特にゴールデンウイークの韓国旅行のキャンセルは大きいですね。

日本政府外務省の「大韓民国(韓国) Republic of Korea 海外安全ホームページ」では韓国について、次のような情報を出しています。
本日24日現在、「”危険情報はまだ出してないけど注意はしておいてね。”」 ということです。

キャンセルは今後もっと増え、新たに申し込む人も激減でしょうか?
中国はもちろん、台湾からの旅行客も同じく減っていると思います。

危険情報が出ないとしても、何が起こるかわからないこの情勢で韓国に観光に行きたい人には、行くなとは言えないのですが、注意はした方がいいかも、と言っとく方がいいかも知れません。

ただ仕事などでどうしても韓国に行かなければならない人は、少なからずいると思いますが、情報を十分入手して気を付けて行ってください。
「お前に言われなくてもわかっているよ!」と言われそうで
すが・・・(;´・ω・)

観光という産業は、平和であって成り立つものだな~とつくづく思う者です。

北朝鮮をめぐる各国の動きが緊迫しつつある情勢の中で、日本の社会の中は平穏というか関心が薄いように見えます。
株式は上がって高く、為替相場も安定しているし。

今まで何事もなかったから、悪いことにはならないだろうという漠然とした、憲法9条下の根拠のない安心感があるのでしょうね? (何だかんだ言っても、私も含めてですが。)

日本も韓国よりは危険が少ないかもしれないですが、注意だけはしておきたいものです。
ただ地方都市では地下鉄もないし、核シェルターもないので、本当に危機が発生してもどうしょうもないのが、現実かな?

今日も読んでいただきましてありがとうございます。