2017年3月5日日曜日

ブログのランキングと元都知事会見のこと

よく拝見している諸先輩方のブログに、ブログ村などのブログのランキングのバナーが貼ってあるのを見て、ブログ村は賑やかそうで、面白そうだね?

自分もだいぶブログを書いたので、ブログ村に入るとこのブログに訪問してくれる人がふえるかな? と思って、ランキングの参加に登録してみました。
どのくらいのランクにいるのか、興味もありました。
手続きは説明を読みながらやりましたが、PC初心者の私にも簡単にできました(o^―^o)ニコ


いまのところ自分ながら、ややさみしいブログなので、この登録でブログに来てくれる方が、少し増えてくれればいいかなと思ったりして・・・。
沢山見てくれるのかな~(o^―^o)ニコ

ところで話は変わりますが、昨日小田原の曽我梅林に行った帰りに、車のテレビで石原慎太郎元東京都知事の記者会見を橋本五郎氏の司会でやっていたので車のテレビで聞きました。(時々見ました。)

この豊洲市場移転問題についての会見については、いろんな人がコメント、感想を述べていますし、記事にもなっていますが私の感想です。

「覚えておりません。」「知らない。」「聞いていない。」という発言が多かった様ですし、「専門家ではないので、」
「都庁全体の責任」「豊洲移転停滞の責任は不作為の小池都知事にある。」との発言もありました。

まあ確かに覚えていないのだろうし、はんこ(印鑑)も決裁書を全部見て押したわけではなく、上がってくるものを、部下を信頼して?押したものでしょう。
豊洲問題に限らず、全体的にこのようなものであったのかも知れないですね。

東京都庁と言っても、こういったこともあるよな? とも思うし、10年以上前からの経緯の責任の所在の追及も難しいかな?とも思うし、考えるところもありますね。

しかし今回の石原氏の会見の準備不足は感じたし、石原氏の責任回避は否めないかと思いました。
部下に全てを任せていたとしても、決済印を押した〝長”としての責任は重みがありますね。

ここまで来たら、石原氏も潔く「どのような経緯にせよ責任はすべて自分にある。」というような発言でもすれば見直され、男を上げたかもしれませんね。
   この言葉古いですね?

私は都民ではないので豊洲は関係ないのですが、どうも気になりました。
それにしても、石原氏も年をとったな~という感じはします。同時に自分も(;´・ω・)

作家デビューして昭和31年、第34回芥川賞をとった頃の石原氏は、当時の映像を見ると、生意気で、若々しく、まばゆいばかりのオーラを放っていました。
子供心に記憶があります。
それにしても晩節は大事ですね。


会見の模様は、質問者たちとのやりとりがチグハグであった感じは拭えません。
橋本五郎氏の司会はまあまあよかったかな?

今後の都議会も注目ですね。
石原氏の会見の感想でした。