2017年3月2日木曜日

お金の表現も生々しい

コンニャク、、ういろう、かまぼこ?
コンニャクも最近は食べてない気がしますが、体にはいい食べ物ですね。

コンニャクは政治家の間では100万円の束の昔の隠語だそうで、レンガは1000万円の束だそうです。
なるほど言いえて妙な表現で、一般人が使わない生々しい表し方と思いました。
今の時代にはさすがに使われてないとは思いますが(・_・;)

この食べ物の名前は、今参議院予算委員会で取り上げられている、大阪の学校法人の国有地売却問題に絡んで、昨日の夜の、元防災担当大臣の会見で飛び出した言葉です。

この学校法人の理事長が、この政治家(以外にも?)にお金を使って、口利きを執拗に働きかけていた事を物語るような会見でした。

保守的、愛国的な教育をしている学校法人ということですが、それはまあまあ許容範囲だとしても、この件は非常に問題です。
政治家が絡んでいる可能性が出てきた国有地払い下げは重大な政治問題です。
徹底解明をしてもらいたいですね。

金と政治の問題は、昔からあることですが、このような生々しいやりとりが、少し公になったことは珍しいですね?
予算委員会でこんな問題ばかり取り上げられているのは、情けないとも言えますが、すっきりしてもらいたいです。

それにしてもコンニャクがこんな言われ方をされては、コンニャクすきなひとには迷惑ですよね?

今日はこの辺で。