2017年2月2日木曜日

ブログの運営と時事問題

このブログは私が、定年リタイア後の生活、昭和の記憶、読書感想や健康・病気、時事問題等々、思ったことを自由に書いている、雑記+日記ブログです。

時事問題なども書いていて、思ったことを書いていますが、政治的な主張は避けるようにしています。
ただ「思ったこと」と「政治的主張」の区別はなかなか難しいかも知れません。
時事問題については、あくまでも個人の感想です。

KAZUKUNはもちろんHNですが、読んで下さる方を不愉快にさせたり、気持ちを傷つけたりすることが無いように、誤った記事(フェイク)を書かないように、常に注意しています。(つもりです。)が・・・
これもなかなか難しいようです。

時事問題で、海外ニュースですが、今日の記事で最も気になったのが、
トランプ大統領が、昨年11月にオバマ政権がオーストラリア政府と合意した、難民受け入れについての合意に関して、「この馬鹿げた合意を調べる。」とツイッターに書き込み、これを見直す考えを示した。 というものです。

詳しい内容はニュースを見て頂きたいのですが、これに先立って先週、トランプ大統領とターンブルオーストラリア首相の電話会談で、この合意について、トランプ大統領が強い調子で非難し、1時間予定の会談を25分で一方的に終わらせたとのことです。
アメリカから比べたら国力の小さいオーストラリアですが、それにしてもトランプ大統領の態度はデカすぎると思いますね?

アメリカのメディアが、この電話は同盟国でどうしの首脳会談にも関わらず敵対的な会話だったと伝えています。
ターンブル首相のコメントもありますが、アメリカメディアの報道を話半分としても、かなりあぶない話になってきています。

アメリカは、メキシコ、オーストラリア、ドイツ、カナダなどの同盟国との関係が今後悪くなっていきそうな気がします。
日本もトランプ大統領とは懸案を抱えているのですが、今後どうなっていくのか、気になるところです。

安倍首相もガンバってください(;´・ω・)
とエールを送っときます。