2017年2月14日火曜日

今日の大きなニュースで

今日の国際ニュースで、気になったのは2件あります。

1つは米大統領補佐官のフリン氏が突然の辞任です。
フリン氏は、昨年10月大統領選挙中に来日し、官房長官らと会談したりして存在感がありました。

今回辞任の原因は、就任前(民間人の時)に駐米ロシア大使との
電話協議に対露制裁解除のの内容が含まれていた疑いのためとされています。

トランプ大統領は補佐官を信頼していたと思うので、政権発足早々の痛手であることは間違いないようです。

もう1つは北朝鮮の金正恩氏の兄の金正男氏がクアラランプールの空港で暗さつされたというニュースです。
犯人は2人の女らしく、毒針で刺された報道のようです。
犯人はタクシーで逃亡したと伝えられています。

このようなことは、身内が一番信用できないと思っている独裁者の国で、他国の事とはいえぼう挙ですが、金氏もこういうことを予想できたと思うのですが、ガードが甘かったのかな?

それにしても金一族に生まれた悲劇ですかね?
日本人にとってはあまり関係のない事かも知れないですが。
次男の正哲氏もどうなるかわからないという気もします。
正男氏の息子のハンソル氏も狙われているとも、行方不明(姿を隠している)になっているともの報道もあります。

王朝時代か戦国時代にあったようなことがドラマでなく、現代の現実なのが恐ろしいですね。

北のこの国は恐怖政治がとどまるところがないようです。
行きつくところまでいかなければ収まらないのかな。

以前からこのようなことがあるという説が流れていたのですが、突然ですがやはりこんなことがあるのかと、驚きます。
詳しいことは今後報道されるでしょうが、今年の東アジア情勢の先行き不安を告げているかのニュースでした。

日本人も世界情勢を考えなくては、生活も危うくなることが今後あるかもしれないと思いつつ、今日は失礼します。