2016年11月15日火曜日

地方のマンションに住んで、定年リタイアして

こんにちは、団塊定年おじさんです。

今住んでいるマンションに、新築で入って20数年経ちました。
その間に大規模の修繕改修を2回行っていますが、やはりこのマンションもややくたびれてきた感があります。
入居している住人の方も私を含めて同様です。(;´・ω・)

当初30代後半~40代前半の人が多かったですが、それから20数年、60歳前後になってきました。
当初から入居している人が三分の二くらいいて、お互い年を経て定年リタイアしている方もいますよ。

東京の多摩ニュータウンなど、もっと以前の昭和50年代頃などに建ったマンションは、もっと高齢化が進んでいるようですね?

私の住んでいるマンションでも、完全に定年リタイアした方もいますが、私と同年齢くらいでビシッとスーツにネクタイで、3ナンバーの黒塗りの車で通勤している御仁もおられます。
定年退職後、天下りしたか、会社の役員などしておられるのかな?と思っています。

ただマンションの住人とは、個人的にお付き合いはほとんどないので、プライバシーのことはわかりませんが。
このような御仁を見ていると、充実した人生を過ごされているようで、ときどきやや羨ましく思ったりします。

70歳前後などまだ気は若いので、健康なら、リタイアしている場合じゃないな~と思って、あせった心があるのでしょうね?

それでもリタイア後の人生は、人それぞれなので、他人と比較してもしょうがないので、自分は思ったように生きようかな?などと思っても、でも仕事もしたいかもと、まだ揺れている気持ちがあって落ち着かないですね。

まだまだ修行が足りない団塊のおじさんですが、老後って長いもので、早逝しない限り、いつまでも老後ですね(・_・;)