2016年10月28日金曜日

沖縄の基地反対の市民団体って

どうも、団塊定年おじさんです。

沖縄のヘリパット基地建設反対運動を行う市民団体が、フェンスを掴んで揺らしたりするのに対して、大阪府警から派遣されていた若い機動隊員が、「どこ掴んどんじゃボケ、土人が」
と言ったのをビデオに撮られて問題になっています。
これを撮ったのはどんな人間なのかな?

確かに失言だと言えますが、反対派の圧力や行動に対して、独り言で言ってるくらいの声の大きさで、どなっているようではありませんでした。
反対派の方も警察官や公務員個人を写真に撮ったりして、お互いエスカレートしているのですね。

ただ土人と言った機動隊員は府警から処分されています。
更にこの機動隊員を擁護したとして、大阪府知事がマスコミなどから批判されたりしています。

基地そのものや移設の問題から離れて、末端の警察官の発言がどうしたとかになっているので、問題がずれているように思います。
基地反対の市民運動を行っている方々は、地元の人より本土から来ている人(プロ市民などという)の方が多いとも伝わっていますね。

こちらで見ていてはわからないパワハラなどが、日常的に行われているのでしょうか?
大変政治的な問題を含んでいるので、基地問題を論ずるのは、本質をよく見て、聞いて、勉強する必要があると感じています。