2016年10月20日木曜日

長谷川豊氏の"ブログで報告"の記事で

どうも、団塊定年おじさんです。

御自身のブログ「本気論 本音論」で、医療費の問題などで人工透析患者を取りあげた不適切とされる表現などを巡って、ブログ炎上、バッシング、その後テレビ出演がなくなってしまった、フリーアナウンサーの長谷川豊氏の件。

以前にそのことを少し書きました。
そのブログも10月8日から更新がなくなって、ニュースにも取り上げられなくなっていました。
とても目まぐるしい展開でした。
その間本人もいろいろ考え、行動もしていたのだろうと思います。

今日のヤフーニュースで産経新聞のネット記事が出ていました。
透析患者2人の方に謝罪に行ったとのことです。
長谷川氏は、透析患者の苦悩が大きいことを挙げ、今後は腎移植を進めていきたいと述べておられます。

この炎上、テレビ降板問題の発端はブログで、”自業自得の人工透析患者は〇せ!”と書いたもので、今回は反省して考えを変えられたのでしょうか?

私は長谷川氏がフジテレビを辞めた前後のことに少し注目し、
また今年の春から、長谷川氏のアベマフレッシュTVとブログの「本気論本音論」をずーっと見ていました。

これが一方的だったりしますが、面白い視点で言ったり書いたりすることに、興味があったからです。
またスカットするような表現が”いいね!”と思うようなこともあり、それなりに、彼のフアンもいるようです。

一方的な考え方や、言葉の表現がややあぶないなと感じてはいましたが、いい情報も発信していたので、人工透析患者への”2文字”が原因で長谷川氏の信用がほぼなくなってしまったのは、残念としか言いようがないです。

ただ、炎上して、本人がバッシングされてテレビ局から降板させられたけれど、本人が問題提起した、医療問題や保険制度などが殆ど取り上げられていないように見えます。

いろいろ難しい事もあるかも知れませんが、長谷川氏はまだ若いし、また再起して、頑張ってほしいと思っています。

この炎上問題で改めて、この無名のおじさんのブログでも、ネット上での表現に対しては本当に気を遣う様にしようと思ってしまいました。
特に第三者を傷つける表現ですね。

でも、無名のおじさんにとって、政治や時事問題では、あまり気を使いすぎた表現では、つまらない文しか書けないようで、むずかしいですね(;´・ω・)

今日は、読んでいただきまして有難うございました。(^^;)