2016年9月4日日曜日

居島一平、一押しエンターテイナー芸人

どうも、団塊定年おじさんです。

以前に、渥美清のことを書いたときに、少し居島一平に触れました。
なお、居島と書いて”おりしま”と読みます。
「おりしま いっぺい」 さんです。

最初にその名を知ったのは、今年の春くらいです。
AbemaTVが始まって、ときどきのぞいていたら、「長谷川豊の本気論、本音論TV」という、木曜日23時からの番組を見る様になりました。

それがきっかけで、番組宣伝などで、「虎ノ門ニュース 8時入り」
も見るようになり、その司会進行をやっている、居島一平を知ったのでした。

虎ノ門ニュースは、青山繁晴、井上和彦、有本香、武田邦彦などの論客コメンテーターが曜日ごとに、直近のニュースを解説するというものです。
最近虎8と、ネット界ではよく知られてきていますね?
毎曜日の司会進行を居島一平が行っています。

最初見たときは、あまり印象がなく、あまり売れないフリーのアナウンサーかなと思っていました。
あまり、ぱっとしないようでいて、何かきらりと光るものがあり?
各コメンテーターを立てて、遠慮しつつ進行をしているという軽妙さもありました。

これも、演出なのかなと思います。
自分の見解・意見をあまり言わないようにしている様に見えたので、そのように感じたものでした。

そうするうちに、彼のことがどうも気になって、調べてみるとこれはなんなんだ?と、のけぞってしまいました。
そう、渥美清よりすごいんじゃね?この居島一平という人は!ということでした。
自分の中では、渥美清の次に現れた、エンターテイナーでした。
大発見!

個人の感想です(;^ω^)

所属は、北野プロ、サンキュータツオと組んで米粒写経という漫才コンビをやっている。
単独では、大本営八俵という芸名で傷痍軍人風、右翼風漫談をやっているそうですが、You Tubeでは、最近のものは出てないようです。

地上波テレビでは、芸風が、NGなのか、それとも本人たちが、出るのがあまり好きではないのか、あるいは、プロデューサーが彼の魅力がわからないのか、一度も見たことがなく、それまで全く知りませんでした。

ラジオでは、午後、ときどき出ているようですが。

また、次に居島一平の魅力について書きたいと思います。

尚 私のパソコンでは、居島という字が、すぐに変換できないのです。
1文字づつ、変換するか、 ”いじま” で変換します。めんどうです(;´・ω・)

おりしまでは、折島となります。この名前でも検索できますが、少ししか情報が出ません。

今日はこの辺で失礼します。