2016年9月29日木曜日

人工透析患者への発言でネット炎上の件

どうも、団塊定年おじさんです。

最近ここ10日ほど、フリーアナウンサーの長谷川豊氏の公式ブログ:”本気論本音論” の9月19日のコラム記事をめぐって、論争が起こり、ネットがいわゆる炎上しています。
現在は炎上というより、一方的なバッシング状態になっています。

ネットをよく見ている方はすでにご存じかもしれませんが、
その9月19日のブログは、タイトルが氏の言うところの、”自業自得の人工透析患者”への中傷とされる文省になります。

本文では、医療費がどんどん増えていく日本の現状で、お金が多くかかる治療の1つが人工透析である。
特に自分の不摂生で糖尿病になり、人工透析患者になった人に対して、自業自得と言っています。

長谷川氏のブログは、今までにもかなり過激な文章で読者を引き付けるぎりぎりの表現を使っていたこともあります。
でもこれは本音論本気論とブログ名を付けた位ですので、本人にとっては当然の意気込みなのでしょう。

私も本気論本音論は最近ときどき読んでいまして、偏った意見の様に見えて、なるほどこういう視点があるのかとか、独自の意見を面白く読むということがありました。
最近は、内容もだんだんエスカレートしていくようでした。
 

ただ今回は、タイトルに許容範囲を超えた?過激な言葉が出たので、たくさんの反対者(アンチ)に特に強い反感を与えてしまったといえますね?
本文を全部読んで批判している人はむしろ、少ないかもしれませんが。

今日のヤフーニュースで、長谷川氏がキャスターを務めていた、テレビ大阪が報道番組を明日から降板させるとの報道が出ました。
私はこの問題を9月22日(木)に知り、推移を注目していて、やはり来た!のかなと思いました。

長谷川さんを批判している一部の人が、出演している民放などにクレーム電話や、メールを送って、結果今日の大阪のテレビ局の降板という対応になったのでしょうか?

降板の理由は、同氏に対する抗議や批判が100件以上あり、同氏のブログの言葉の使い方が不適切で多くの人に不快感ををあたえるものだ。ということだそうです。

これは、地上波の民放テレビ局としては、やむを得ないでしょうね。
スポンサーや民放はクレームのある人間を絶対に使いたくないでしょうから。

長谷川氏もあの過激なタイトルがこういうことになるのは予想しなければ、ならなかったのではないのかな?
本人はネットのブログの文言なので、現実のテレビ局の降板に発展するとは思っていなかった。甘かった。と本日の自身のブログで述べていました。まさしく甘かった!それは言えます。

私は彼の主張が、社会保障給付費がどんどん増えるので、これにメスを入れなければいけないという主張だと理解しましたが。
医療費を抑えるためにこういう人達はもっと考えろ!政府も考えろ!国民も考えろ!と言いたいのでしょう。

年寄りや、病気の人、障害のある人は、自分のことを言っているんですか?と思う人もいるでしょう。
当然反感を覚える人も多いとは思います。
特定の病気の患者に対して、中傷ととられてもしかない程度のもので、テレビ局の報道キャスターは降板されてもしかたないと思います。

長谷川氏は、いろいろな場所で、独特の視点で情報を発信されている方なので、ファンの読者も多いようです。
有能な方だとも思います。
今回は、アンチだけでなく、世間をも敵にしてしまった感があります。

しばらく落ち着いて、また情報発信を続けていただければ良いなと思います。


私も社会の片すみで,今のところ、ささやかなブログを書いています。(・_・;) 
この炎上問題を教訓にして、自分もブログの文章には責任を持って書きたいと思います。

他人の気持ちを傷つけたり、不快に思うような内容のものを、書いていないかを常に注意して、人のためになるブログを心がけたいものですね。(;´・ω・)💦

ここまで読んでいただいた、あなたに感謝申し上げます。

このネット炎上問題の感想を書きました。