2019年7月21日日曜日

宮迫博之氏と田村亮氏の涙の会見を見た感想

昨日ネットの配信の、2時間以上に及ぶ(元)吉本興業所属のお笑い芸人、宮迫博之氏と田村亮氏の謝罪会見を見ましたが、涙・涙のハードな会見でしたね。

テレビでもネットでもこの会見のニュースがトップに来ていて、有名無名のひと達のコメントも多く、関心が高く様々な切り口があるのですが、この件で自分なりの感想を書いてみます。

まず、どんなことがあったって、お笑い芸人がこんな会見でこんなに泣くようなことしちゃいけない、お笑い芸人を泣かせちゃいけないよなあ~と・・・。
お笑い好きのおじさんの意見なんだけどね~、たとえ復帰したってもう笑えないよな~。

両名とも目の下に大きな隈があり、顔色も悪く寝ていないのだろうと察しられましたが、会見の中で「嘘」はなかったのかなと思います。
未練と言われようとも、(マネジメント解除されたが)引退する気はないというのも分かりました。

宮迫博之氏と田村亮氏の事件当初の「お金貰っていない」というウソから大問題になった経緯があるので、今回涙の会見で嘘は言っていない、反省し謝罪している、吉本興業からも契約解除からと言って、スポンサーを含めた世間がそう簡単に許さないのはわかります。

だとしては、「もうゆるしてやれよ~(;´・ω・)」 という気持にはなりました。
何年になるかは分からないが、テレビに出られないのはしょうがないですが・・・ね。

この会見をする前まで、田村氏はともかく宮迫氏の好感度はほぼゼロだったのですが、わたしの好感度は50くらいにはあがりました。
反社からのギャラの受け取り方、金銭感覚、税申告のことなどなどを考えるとまだそれ以上にはならないかな(`・ω・´)キリ

しかしと言うか、やはりというか生放送ノーカットの謝罪会見は、やる必要があり、やってよかったですね。

これはイメージです
unyonさんによるイラストACからのイラスト

 吉本興業社長側に対する非常に強い不信感、社長の「亮が謝罪会見するなら全員クビ」発言などが語られましたが、その通りだとしても、溝が深まり、このまま泥沼になると吉本興業自体がおかしくなりかねない。

世間の吉本興業に対するバッシングも強いのですが、わたしとしては、2人の先輩などが間に入り、和解できるようになるのがいい解決方法なのかなと思いますね。

ただ企業のコンプライアンス問題はまた別で、田村亮氏の発言の中に、「僕が凄く不審に思ったのが、『在京5社、在阪5社(のテレビ局)は吉本の株主だから大丈夫やから』と言われました、何が大丈夫かわからないですが、(以下省略)」と言う発言がありました。

キャンセルになった吉本興業主導の会見を開くためのQ&Aを含めた準備の中での話ですが、この発言だけではほんとに何が大丈夫なのかは良く分からないが、今後問題になるかもしれない『発言』には間違いない。

そして、宮迫氏らの写った写真や映像を、これでもかと出しまくり金儲けする出版社、
そこにどんな正義があるんだろうか?
どこの誰から入手した写真なんだ?
反社会勢力(または関係する)の人間からじゃないの?
お金のやりとりないのか?
疑問が次々に湧き出る今日この頃です。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

シニアライフランキング